「エツ○」事件

2 6月

この間久しぶりに家族三人でうちの近くにあるスーパーへ買い物しに行ったら試供品ののど飴が配られていた。店に入ってすぐは息子を抱っこしてたので妻しかもらわなかったです。それで楽しく買い物して、会計してから僕が出口の方に向かいました。もう一人の飴を配っているおじさんのほぼ隣にあったドライアイスの機械で悪戯しようと思っている息子とそれを止めさせようと頑張っている妻を待っていました。しかし、飴をゲット出来ず。多分日本語の通じない外国人に声をかけるのが怖いのかなと思い、外国人に話しかけられるよう助けてあげようとした僕が「じゃあさっさと帰ろうっと!」と妻に向かって日本語で言ってみました。おじさんが「あれ!日本語分かってんじゃねえか。さあ飴あげよう!」と思ってくれればと思って。だが、もらったのはまたしても妻だけだった。既にもらっていたくせに。家族で一個だけとかならは理解出来たけれども、それはやっぱりなんでやねんと思いながら本人(飴配ってるおじさん)に聞こえるように「あっ!外人にはくれないんだ」と言ってしまいました。言った瞬間に子供っぽくて恥ずかしいなあと思いましたが、やっぱり我慢出来なかったです。そしてエスカレーターで下がり、もう一度振り返ってみたら焦って手を振りながらとても「いや。そんなことないっすよ!ほらあげるよ!」的な顔していた可哀想なのど飴おじさんがいました。その瞬間さらに恥ずかしくて言っちゃったことに対して後悔しました。でも本当に欲しかった。無料ののど飴。

そして全く関係ありませんけれども、最近テレビでアサヒのCMで矢沢永吉さんが「泡なんだよ。」って言っているのがかなり気にいて、ついつい言いたくなります。それに対して妻がずっとスルーしてるので落ち込んでいます。以上です。

広告

コメント / トラックバック7件 to “「エツ○」事件”

  1. まーち 2013/06/02 @ 23:44 #

    うけるw

    どんだけ飴欲しいねん!

  2. nicole 2013/06/03 @ 16:04 #

    ゲルマンさん、お久し振りです。
    自ら催促するでもなく、自然に試供品を貰いたい気持ち、良ぉ~~く分かります!
    英語が苦手な人ほど、やっぱり外国人苦手意識は存在しているでしょうし、(下手にあげて何か訊かれたらどうしよう!と意地悪ではないのですが敬遠しちゃうんですよ)
    ゲルマンさんは日本語が超達者なので、次回はニ~ッコリと“僕にも下さい♪ ”
    と眩しいゲルマン・スマイルで言ってみましょう~!
    もしかすると他の人の倍貰えるかも知れませんよ!

    • ゲルマン 2013/06/13 @ 12:53 #

      お久しぶりで~す♪
      コメントありがとうございました。

      ゲルマンスマイルっていいですね。今度その戦略で積極的に攻撃してみます!ただ飴みたいなレベルの高いものではなくてまずはペーパーティッシュ的な初心者向けアイテムを狙ってゲットしてみます。

  3. 百太郎 2013/06/04 @ 04:16 #

    こんにちは !

    今回の記事、書きたい事めちゃあります ! でも長いとアレなんで、ちょっとにしますw
    きっとそのおじさんは、ゲルマンさんがそれを欲しいと思っているとは思わなかったんだと思います(笑)女性や主婦は口コミとかで広がるし、買いにつながりやすいターゲットっていうところもあると思いますが・・・

    私は今年の3月まで5年間、物産展や試供販売の仕事をしていました。
    私は外国人の方とコミュニケーションしたいので、モロ外国人ビイキをする派ですが、他のスタッフ達はやっぱり「英語出来ないから外国人に絡んで、もし何かいわれたら焦るからムダにドキドキしたくない」と言う人が多いです。今時の若い子達はさほどそうでも無いですが、やはり中年から年配のスタッフは怖いと言いますね。。
    相手の方が日本語ペラペラなのに、日本語に聞こえない(自分達の頭で勝手に英語だと思い込んでしまう)らしく、日本語をしゃべってもらってるのにイェスイェス、サンキューとペコペコしながら焦ってる人がよくいます。
    そして、外国人さんはサイフのヒモが日本人ほどゆるくない傾向があるので、欲しがって寄って来る人には配りますが、ほとんどの人はニコっとして通り過ぎる事が多く、もうそこは自己宣告制というか(笑)
    そして、隣で立ってるだけでは、積極的に配るという販売員はなかなかいません(^_^;)
    (押し売りみたいになってしまい迷惑と思われてクレームに繋がってしまうので)
    「それは何ですか ? 」とかって、興味を示してくれる人にはスッと渡してくれるはずです^ ^
    私はどっちかというと最初は言葉よりも、外国人の方にこの商品を進めていいものかどうか・・・という点で悩んだ事ありますけど、観光客じゃなければ、商品支持者につながる可能性があるので、生活してる感が出てたら配っていいと思うんですけどね~。
    ドイツ人の友達は、街でティッシュや団扇(夏)やコンタクト屋がよく配ってる飴付きのチラシがもらえないって愚痴ってますけど・・・その理由はきっと購買者につながらないって理由だと思われます・・・
    (たしか奥様のブログでこのネタがあったと思います(笑))

    ください、ほしいです と堂々と言って悪い事じゃないので、ガンガンもらっていきましょう !
    頑張ってください^ ^

    • 百太郎 2013/06/04 @ 04:18 #

      自己申告 の間違いです !

    • ゲルマン 2013/06/19 @ 14:16 #

      百太郎さん!
      長いコメントありがとうございました。インサイダー情報と本人の心を教えて頂いて勉強になりました。実は僕も学生時代に実家のビールメーカーのビールをお試しで配ったりするバイトの経験が少しあります。ただ当時のターゲットは殆どドイツ人だったので最初の方は少し緊張しましたが、勿論言葉で困ったらどうしようと言う恐れはありませんでした。ですけど日本人の中年、年配の英語のあまり得意でない方々の不安がよく分かります。多分飴をくれなかった時あまり色々考えず嫌味を言いたかっただけかもしれませんね。とても飴を舐めたい顔を頑張っていたのにと思って。やっぱり長く外国に住んでいても異文化間能力を磨かないと何度も目に見えない壁にぶつかりますねえ。これからも頑張りますので是非ともよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。